デリヘルの傾向

大型検索エンジンのGoogleやYahooで調べてみてもらえれば分かりますが、圧倒的に検索ヒット数が大いいのが分かりますし、その検索数が店舗数に比例するわけではありませんが、インターネット上の情報量を見ても、デリヘルへの関心度が高いことが理解できます。

風俗に関わりが少ない人は、デリヘルというものがどういうものか知らないと思いますが、デリヘルとは、女性がホテルや自宅に出張してサービスをしてくれる風俗の形でして、客の立場からすれば、自宅にいながら、電話するだけで自宅が風俗と同様になり、便利であることが魅力の1つです。

1990年頃から風俗が登場し、その後に無店舗型風俗特殊営業という名で正式に認められるようになったのですが、それまでデリヘル業者は、何か問題が起きても警察に相談することも出来ずに、泣き寝入り状態が多かったのですが、この法律改正によって、届けさえしておけば、何の躊躇いもなく警察に訴えることができるようになりました。

その逆に、これまであった店舗型のソープランドやファッションヘルスは、保護対象施設の周辺には出店できないなどの厳しい規制を受けることになって、新しくお店を出店することが難しくなっています。

一般的な考え的には、風俗業界全体が儲けているように思われがちですが、このような背景から、ソープランドやファッションヘルスが赤字経営になることや、廃業になるような状況が起きています。

つまり、デリヘルが一本勝ちしている状況だと思って間違いありません。

人気な渋谷デリヘル店を紹介。電話一本で上品なデリヘル嬢が駆けつけてくれます。品川デリヘル ホーム

固定費の負担が少なくて済む

デリヘル経営の強みといえば、誰がなんと言おうと不動産などの固定費の負担が削減できることで、無店舗なので賃貸料金は掛りませんし、人件費も無店舗型風俗店と比べると圧倒的に少なくて済み、デリヘルはこの2点において有利なので、赤字を出す方が難しいくらいです。

どんな商売でも必要な経費は、人件費と家賃が大半を占め、その家賃に関して経営者であれば、誰でも家賃が無ければ会社運営も楽になるのにと考えたことがあるでしょうし、企業だけではなくても、日本社会で生きている皆さんが思っていることだろうと思います。

そこで、デリヘルは無店舗型経営であるがゆえに、多額の開店資金を用意する必要もありませんし、月々の家賃も全く必要が無いので、利益を上げるために有利になります。